戸建ての住まいは日当たりがポイント

戸建てでの住まいでは、日差しを取り入れることができます。明かりや暖かさと、暑さとの調整が必要です。

戸建ての住まいは日当たりがポイント

戸建てによる住まいでは日差しをうまく利用する

太陽といいますと、これまでは、日中の明かりとしての役割が主でした。
夜に暗くて出来ないことも、昼間でしたらできます。

でも、今は太陽の使われ方が変わってきています。
それは、エネルギーとして使われるのです。
比較的古くからあったのは、太陽熱を使うものです。
お風呂の水などを温めるのに利用していました。
最近は、なんといっても太陽光発電です。
光の力によって、自家発電をして、それで生活をすることができます。
余った電気については、電力会社に売却することもできるので、効率的になります。
利用する場合には、太陽をしっかりと受けることが出来る屋根などに設置をすることになります。
重さなどがありますから、最初に耐えられるように設計されることになります。


マンションと戸建ての住まいの違いとして、日差しがあるかもしれません。前者の場合は、ベランダからしか得ることができません。
でも、後者の場合は、基本的にはいろいろなところから得ることができます。
壁に窓をつければ、そこから得ることができますし、場合によっては、屋根の部分に窓をつけることもできます。
日中は、家の中だと暗くなることもあり、電気が必要なこともあります。

でも、日差しをうまく利用すれば、電気を付けなくても過ごすことができることもあります。
別の利点としては、冬に、太陽の日差しで暖かく感じることができることです。
気密性を高めておけば、太陽の熱だけで部屋が暖かくなるので、暖房もあまり利用しなくて済みます。


便利な太陽の光ですが、厄介になることもあります。
それが夏になります。
明るい、温かいとメリットばかりが見えがちですが、夏になると、それが暑さに変わることがあります。
すると、その分冷房のコストが掛かってしまうことがあります。
扉の部分に、日差しを避ける工夫をすれば、暑さも和らぐことがあります。
よく言われるのは、グリーンカーテンを利用するものです。
植物などを植えることで、日差しを抑えることができます。

Copyright (C)2014戸建ての住まいは日当たりがポイント.All rights reserved.